2011年10月09日

身内に不幸が有りまして、、、、

身内に不幸が有り数日お休みいたします。

ご迷惑お掛け致します。

posted by SHINさん at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月17日

アペでチェック

アペックスシールてこんなに減るですよ。

調子良く使っていたエンジンのアペです、4年位サーキット走行メインで乗られていたエンジンで、

そろそろO/Hしましょうよて、、、言いながら、、やっと開けました。

調子良いと中々開け無いですよね、少しずつパワー落ちるけど気が付かないですよね。

開けると、色々消耗しています。

アペックスシールは程よく減って攻撃が少ないのが好きです。

色々なアペ有りますが、之位使えると良いですね。

サーキット走行は一般走行の10倍以上消耗しますよ。

500馬力前後の車両です。


アペックスシール.jpg
posted by SHINさん at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ロータリー

2011年09月12日

アペックス溝

中古ローターのアペ溝がV型に広がっているので、フライスで溝を修正しています。

修正するとバリが出ますので、ダイヤモンドヤスリでシコシコ修正していますが、、、

これが、意外と時間と神経使いますね。

まー溝修正に比べたら楽勝ですがね、溝の修正は初めのころは、失敗ばかりしていました。

いったい幾つローター駄目にしたことか、最近は大丈夫です。

可也投資したな〜〜失敗は成功の基です。


アペックスシール 003.jpg
posted by SHINさん at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ロータリー

2011年09月10日

ローター

エンジンをバラして、綺麗にします。
それから各部の点検、測定に入りますが、ローターは殆どアペックスシール溝が、回転方向の逆側が開いています。
3分割アペは殆ど開きます、トップのアペが溝に余り入っていませんので、ローターの回転逆方向に開きます。
2分割は良いですが、少し動きが悪いですね。
動き良くするためWPC,DLCなどします、ローターの溝は開いて無い前提ですよ。
ローターの溝が開いていると、燃焼ガスが後ろの燃焼室に入り込みデイとネーションをおこします。
エンジンブロー、ノック嵐、ローターを良く観察すると、見えてきますよ、対策も。


アペックスシール 002.jpg

posted by SHINさん at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月09日

こんなの初めてです

色々壊れたタービン見てきましたが、こんな壊れ方初めて見ました。

三分割は珍しいです、シャフト折れは普通二分割ですが!!!!

IHIのB5です、IHIは折れるの良く見ます。

キャパ、ギリギリで作られているのかな〜〜

今回の車はマセラッティーです。


turbo.jpg
posted by SHINさん at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | タービン

2011年09月06日

ジネッタ終了した〜〜

ジネッタのセッティング終了しました。

色々なトラブル(暑さも)に見舞われましたが、やっと終わりました。

ノンターボなので少し甘く見ていました、4500rpmあたりから、アクセルペタルが吸い込まれる!!

怖い、マジで怖いです、ボデーが軽いから(650kg)、アライメントか?何れにしろ良いです。

ジネッタG12侮れない、コスワース侮れない、MOTEC侮れない、ノートパソコン2台壊れたがこれなら許せるかも!!

G12 002.jpg

G12 003.jpg

posted by SHINさん at 12:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月05日

80スープラタービン、タービンホイール

画像を見てサイズが違うの判りましたか、そうスチールシャフトの方が羽が長い、深みが有ります。
そうする事で排圧が少し上がります、スチールシャフトはレスポンスが落ちる分少し排圧を上げて
カバーしています。
羽の厚み、長さを長くすると、排圧が程よく上がりまた高回転では上がり過ぎない用工夫されています、同じ用な羽はギャェットのGT-SSなどで見られます。
排圧は逃がしたいけどレスポンスも欲しい、今までは羽の枚数減らして対処していましたがレスポンスも犠牲に成っていました、其れを解決する為羽を長くして少し流速時間でカバーしています。
其れ意外と良いですよ、セッティングして判ってきます。メーカーも可也考えましたね。

80supura 002.jpg
posted by SHINさん at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月04日

80スープラタービン

80スープラの排気シャフトです、汚れて居る方がノーマルのセラミックシャフトです。
今回スチールシャフトに交換します、セラミックシャフトがレスポンスは良いのですが、ブーストを上げてパワー出そうとすると、セラミックが割れたり、欠けたりします、そうするとアクセルOFた時エンジンに欠片が吸われエンジンブローて事も有ります。
如何して割れるかて、ブースト上げると排気ハウジングが熱で膨張し、微かに羽と接触することが有ります、そうするとセラミックですから、割れたり、欠けたり、セラミックはノーマル範囲で使うには非常に良いのですがね。
ブースト上げ過ぎない様に、ご注意ください。
エンジンまで、壊しますよ!!!
転ばぬ先の杖ですね。

80supura 002.jpg

posted by SHINさん at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月02日

エボ10タービンのハイフロー加工

エボ10のタービンのハイフロー加工を何回かやりましたが、コンプレッサーの羽を色々変えたやって見ました。
エキゾーストの羽が小さいので、チョーハイブリットに成ります。
コンプレッサーの羽を20G,25G,TO4S、と色々やりました、20Gはパワー不足でTO4Sは排圧が少し高すぎ、バランスが良いのは、25Gの様です。

DSCN0872.JPG

DSCN0875.JPG

evo10.jpg
posted by SHINさん at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

変なジャッキ

7-18 002.jpg

この変なジャッキゴミに成るかも、、、と、思っていましたが、、、
S社のセールスが、やはり変、、、ですね〜て事で。
交換してもらえる事に、、、国産とです、良かった。
安物買いしなくて良かったです。
posted by SHINさん at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記